コンディション
副代表の京増です。
三鷹商工会 異業種交流プラザ様主催のオープン講演会に参加させていただきました。

 

「コンディション・マネジメント」体感セミナー

 

講師の千原康祐様は、iRSR株式会社代表で元気企業コンサルタントをされている方です。

体調管理やモチベーションコントロールの話かな?
と思って受講してみましたが、全然違う独自のアプローチでした。

 

最初の自己紹介で、「理念経営」との出会いを聞き、一気に親近感がわいてきました。

経営者の置かれている状況を本当によく理解されています。
そして、どうしたら経営者が元気になるか、会社全体が元気になるかを本気で考え、まったく新しい切り口で「元気」になる方法を生み出しています。

 IMG_4810

「元気」とは?
元気の源は、3か所にあるとおっしゃいます。
フィジカル(肉体)元気な体
メンタル(精神)いつもリラックスした気分
ソーシャル(社会)豊かな人間関係、豊かな経済状態

 

いつも一生懸命頑張っている経営者、社員にまず心掛けることとして

 

「自分を労わってあげてください」

 

この言葉だけで、ちょっと軽くなれる気がします。

 

めちゃめちゃ頑張っているのに、加えて自己啓発やらモチベーションアップのセミナーを受けても拒絶藩のが出てしまいます。そんな反応も自律神経の交感神経による自己防衛の自然な反応なんだそうです。

 

体質改善
千原先生の方法は、約60兆個の細胞でなりたっているヒトの身体の11つの細胞を元気にして上げようというアプローチです。どうしたら細胞の元気を取り戻せるか順を追って、詳しく説明してくれます。(詳しい内容はネタバレになってしまうのでここでは書きません)

 

体感
基本は、順天堂大学医学部 小林弘幸教授が考案した、セル・エクササイズで多くのトップアスリートが取り入れているエクササイズの中から、座っていても出来る簡単なエクササイズを体験してみます。
ポイントは、肩甲骨のコリをほぐすと、ふくらはぎをもんで足の疲れをとるというものです。
実感として、頭がすっきりして、周りの景色が少し明るくなったように見えます。

 

このように、自分の身体を労わることで、メンタル面でも余裕が生まれ、人間関係も改善していくというのが、千原先生のプログラムだそうです。

 

セル・エクササイズを実践してから、一気にこの原稿を書気上げました。
また、肩が凝ってしまったので、もう一度やってコリをほぐそうと思うのでした(笑)